日記

日々徒然。

ようこそいらっしゃいませm(__)m
…残念ながらコミュニケーションのとれないコメント&宣伝目的のTB等は削除させていただきます。

Copyright (C) 2000-2020 檀 All rights reserved.
<< 新彼岸? 初彼岸? | main | 指、切った(涙) >>
 残すところ、あと1回なんですが、どーするつもりなんだろう。
 だって、次回予告でも「最終回」って一言もないし。そもそも、来週のサブタイトルは「幕間」だし。
 時間と曜日かえて、放送するつもりなんだろうか? 
 つか、そうじゃないと怒るよ。

 ってことで、アトルが呼び出した妖夷に対抗するために、雲七と合体する往壓なのであた。でもって、案の定、元の人間にもどれなかった。
 …それしか方法がないとしても、なんだか往壓の行動は、むしろそれを望んでいるようで、後ろ向きな感じがする。
 もうちょっと、前向きな解決はないのか??
 でもって、衝撃のラストシーンで…。
 どーなっちゃうんだろうね。

 そして、4月からの「地球へ」
 予告の声で悪い予感がものすごーーーくしてるんだけど。うーー。
天保異聞妖奇士 1 (1)
| 20:44 | song | comments(0) | trackbacks(2) |
| 20:44 | - | - | - |









url: トラックバック機能は終了しました。
(アニメ感想) 天保異聞 妖奇士 第24話 「後南朝幻想」
天保異聞 妖奇士 あやかしあやし 三 アトルの絶望が、祗影と言う巨大な妖夷を産み出した。その時、西の者達が姿を現す。果たして彼らの目的とは?・・・。
| ゲームやアニメについてぼそぼそと語る人 | 2007/03/29 7:19 PM |
天保異聞妖騎士 説二十四「後南朝幻想」
天保異聞妖騎士の第24話を見ました。説二十四 後南朝幻想この世を拒んだアトルは異界から祗影という巨大な妖夷を生み出した。妖夷の出現に、印旛沼は土石流に飲み込まれていく。「アトルは俺が連れ戻す。雲七、あそこまで飛べるか?」「あい、どこへだって行けますよ。
| MAGI☆の日記 | 2007/03/24 9:39 PM |
<< September 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>